タイムマネジメント研修

今回はリバティー株式会社様にて、タイムマネジメント研修を実施いたしました。

時間は誰でも1日24時間と決まっており、過ぎてしまえばなくなってしまいます。それは誰でもわかっていることですが、なかなか計画通りいかないものです。時間に追われて、やりたいことができないと思っている人も多いことでしょう。

タイムマネジメントのポイントは、「時間はつくれる」という認識をしっかり持つことから始まります。おそらく、今日どうしてもどこかに行かなめればならない用事ができたとしたら、朝から行動が変わってくるのではないでしょうか。そのことをイメージして、一日の計画を立て直してみます。要は「火事場の馬鹿力」を活用し、「時間を作るのは無理」との潜在意識を変えてしまうのです。そして、なんとなく感じている所要時間の見積もりから、実際の時間を体感することで、意外とできたりすると、できないと思っていた思い込みを捨てることができるようになります。タイムマネジメントをスムーズに行うには、危機感をもって、計画と時間の感覚をできるという快感に変えてしまうことが有効なようです。

1級キャリアコンサルティング技能士 精神保健福祉士 第1種衛生管理者 内藤友子