コミュニケーションインプロ研修を行う、NPO法人。

ストレスチェック実施者代行

労働安全衛生法改正のポイント

1.50名以上の事業所について全従業員へのストレスチェック実施

2.高ストレス状態かつ申出を行った従業員への医師面接

3.医師面接後、医師の意見を聴いた上で必要に応じた就業上の措置

なお、行政への報告として、会社はストレスチェックや面接指導の実施状況として以下の4点を1年に1回労働基準監督署に報告しなければなりません。

①ストレスチェックの実施時期

②ストレスチェックの対象人数

③ストレスチェックの受検人数

④面接指導の実施人数

また、出来るだけ実施することが望ましい努力義務として次が定められました。

ストレスチェック実施者代行は当法人にお任せ下さい

NPO法人キャリア・インディペンデンスは、ストレスチェック実施者によるストレスチェックを実施し、心療内科・精神科と直結、ストレスチェック実施後の個別フォローも安心です。また、職場環境改善のためのストレスチェック診断分析やメンタルヘルス・キャリア研修も実施可能です。

ご予算に合わせて以下のプランをご用意しています。

1.おまかせプランA(質問紙による回答)初めて実施する企業様の人気NO1

ストレスチェック実施のための社内文書作成支援から厚生労働省が推奨する質問紙を使用したストレスチェック実施、個人・集団データ処理、高ストレス者の選定(質問紙+面談)まで手軽に当NPOでおまかせで行えます。

2.共同プランA(質問紙による回答)価格を抑えたい企業様におすすめ

厚生労働省推奨の質問紙を使用したストレスチェック実施、厚生労働省のソフトを御社でダウンロード、御社内実施事務者による回答データ入力後、当NPO法人のストレスチェック実施者(有資格者)による高ストレス者の選定(質問紙+面談)、集団分析まで行います。

3.おまかせB(データによる回答)IT環境があり始めて実施する企業様向け

ストレスチェック実施のための社内文書作成支援から厚生労働省のソフトを御社IT環境へのダウンロード・起動までの支援、チェック実施後の個人・集団データ処理、高ストレス者の選定(質問+面談)まで手軽に当法人にておまかせで行えます。

4.共同プランB(データによる回答) IT環境があり価格を抑えたい企業様向け

厚生労働省のソフトを御社でダウンロード、御社内実施事務者による回答データ入力後、当NPO法人ストレスチェック実施者(有資格者)により高ストレス者の選定(質問+面談)まで行います。

<プラン別サービス比較>

 

ストレスチェック実施方法

導入準備サポート

ダウンロード設定

個人データ入力

データ出力分析

面談選定

おまかせプランA 質問紙 当社 当社 当社
共同プランA 質問紙 御社 御社 当社
おまかせプランB データ 当社 当社
共同プランB データ 御社 当社

○ストレスチェックの集団分析★及びその結果を踏まえた職場環境改善

★集団分析:個人結果がわからないように集計し、職場の一定規模の集団(ブ、火など)ごとに行うストレス状況の分析

 

ストレスチェックと面接指導の実施にかかる流れ 図

ストレスチェックをお考えの企業様(少人数から対応)                        

ストレスチェック実施者 証明  IMG_20151017_0001

お問い合わせ→→→ お申し込みはこちら